目の病気

ドライアイ(どらいあい)

パソコンやスマホなどの作業が多い方やコンタクトレンズを装用している方を中心に近年増え続けています

ドライアイとは、涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる病気です。大きく2つに分類することができ、1つは涙の量が減ってしまう「量的な異常」、もう1つは涙の性質や涙を保持する能力が変化する「質的な異常」です。

涙の量を量るシルマーテストや、涙の安定性、目の表面の角膜や結膜の状態をみてドライアイになっているか判断できます。症状を感じたら、眼科で検査を受けましょう。

ドライアイの目 角膜の場所

原因

ドライアイの原因は涙の異常です。ただし、その背景は複雑です。
内科的疾患から起きるものや、角膜移植などの目の手術に伴うもの、服用している薬の副作用でも起きます。

一般的なドライアイは、環境要因が大きいと考えられています。 パソコンやテレビ、ケータイ画面などのモニターを見続ける生活により、まばたきが減少して涙が乾きやすくなります。室内の冷暖房などの空調により室内が乾燥しがちです。 また、現代人はさまざまなストレスにより涙の分泌が抑制されているのではないかという考えもあります。

さらにコンタクトレンズの長期・長時間装用や、夜型の生活、食生活の変化、運動不足など、ライフスタイルの関与も指摘されています。
加齢にともなう涙量の減少や安定性の低下なども指摘されています。

症状

ドライアイの症状はさまざまです。目が「乾く」という感覚は少なく、目の不快感が多く、また、コンタクトレンズが痛い、ものがかすんで見えるなどの症状もドライアイから起きることがあります。近年では、ドライアイで視力が低下することもわかってきました。

以下のような症状がある方はドライアイかもしれません

  • 目が疲れる
  • 目がごろごろする
  • 目が乾いた感じがする
  • 目がヒリヒリ痛い
  • 目が赤い
  • 朝、目が開けにくい
  • 目がくしゃくしゃする
  • 白っぽい目ヤニがでる
  • コンタクトレンズが痛い
  • 時々ものがかすんで見える
  • 最近少し視力が低下した

治療

近年では「涙点プラグ」 いう治療が保険適応となり、一般的になりつつあります。これは、涙の排出口となる目頭の涙点を小さなシリコーン製の栓でふさぐことで、涙を貯める治療で す。目薬には涙と同様の成分は含まれませんので、自分の涙を貯めることは涙が減少しているタイプのドライアイには有効です。涙の安定性が悪い例でも、「涙点プラグ」で一時的に涙を貯めることで安定性が改善されることもあります。

重篤なドライアイでは、自分の血液を採取してその血清を点眼する「血清点眼」の治療が行われる場合があります。また、目を遠赤外線などであたためる「目の温熱療法」や、涙の蒸発を防ぐ保護メガネの使用も有効な場合があります。これらの治療で症状の多くは改善することが可能です。

安価で高品質な眼科医おすすめサングラスがオンラインショップで購入できます!

紫外線が目に与える影響研究の第一人者である佐々木洋教授の指導のもと、紫外線測定実験により特性が実証された製品です。

サングラスと顔の隙間から入る紫外線は角膜周辺で屈折し、目の鼻側に集中します。これは「コロネオ現象」と呼ばれ、目に強いダメージを与えます。

「メニィーナ」は目の側面や斜め上から導入する紫外線を抑えることを目的に開発されました。


「メニィーナ」販売ページはこちら

コメントを残す

*