目の病気

コンタクトレンズ障害(こんたくとれんずしょうがい)

コンタクトレンズによる眼障害は年々増えており、年間100万件以上発生しているといわれています。コンタクトレンズを装用している人の7.4%に装用中止を必要とする眼障害が発生していると報告されています。そのうち使い捨てソフトコンタクトレンズ(2週間交換ソフトコンタクトレンズを含む)による眼障害が半数を占めています。最近はカラーコンタクトレンズによるトラブルも増えてきています。

原因

レンズをつけたまま寝てしまう、使用期限を超えても使い続けてしまう、このような間違ったコンタクトレンズの使い方が原因になります。
目の表面の細胞は、主に空気中から酸素を取り入れて呼吸をしていますが、コンタクトレンズを目の表面に装着した状態では、細胞が酸欠に陥ったり、目の表面が傷ついたり、さらにはその傷に細菌などが付着して繁殖してしまうなどの様々な障害を引き起こす可能性があります。

症状

コンタクトレンズは目に直接つける医療用具です。適切な処方と装用、正しいレンズケアや定期検査など、使い方のルールをしっかり守らなければ深刻な眼障害を引き起こしかねません。
少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査を受けましょう。

こんな症状はありませんか?

  • ゴロゴロ、チクチク異物感がある。
  • レンズが外れる、ずれる
  • 痛みがある
  • 目が乾く
  • みにくい、かすむ、くもる、ぼやける
  • 目がかゆい、目やにが多い
  • 夜間まぶしい
  • 目が染みる、焼け付く感じがある

治療

発症する眼の病気によって治療法は様々です。少しでも異常を感じたら、コンタクトレンズの使用を中止して病院に行き、医師の診断の元、正しい治療を行いましょう。

安価で高品質な眼科医おすすめサングラスがオンラインショップで購入できます!

紫外線が目に与える影響研究の第一人者である佐々木洋教授の指導のもと、紫外線測定実験により特性が実証された製品です。

サングラスと顔の隙間から入る紫外線は角膜周辺で屈折し、目の鼻側に集中します。これは「コロネオ現象」と呼ばれ、目に強いダメージを与えます。

「メニィーナ」は目の側面や斜め上から導入する紫外線を抑えることを目的に開発されました。


「メニィーナ」販売ページはこちら

コメントを残す

*