目の病気

白内障(はくないしょう)

多くの人が老眼と勘違い!進行すれば失明の危険もある病気です

白内障の9割以上は加齢によるものです。白髪と同じように年をとれば、ほぼ全員に水晶体の濁りが見られ、避けられない国民病ともいわれています。

白内障は治療法がしっかりと確立されているので、適切な段階で発見、対処できれば怖い病気ではありません。目の老化は40歳から始まるといわれています。少しでも異変を感じたら、その見えにくさが一時的なものか、加齢によるものか、それとも白内障のように病気によるものかを眼科の専門医に診てもらうようにしましょう。

白内障の目 水晶体の場所

原因

カメラのレンズの役割をしている水晶体が老化によって徐々に濁る病気が白内障です。本来は透明である水晶体が白く濁ってしまうと光がうまく通らなくなります。
水晶体は主にたんぱく質と水でできていて、血管も神経もありません。この水晶体が濁るのは加齢に伴ってたんぱく質が変性したり、水分の量が変わって、全体の成分のバランスがくずれてくるためと考えられています。

白内障のリスクを高める紫外線の対策をしましょう

白内障は年をとれば誰にでも起こりうる病気ですが、年齢に比例して平等に症状が現れるわけではありません。とくに白内障は目の病気の中でも、紫外線によってより発症、進行しやすくなります。紫外線はシミやシワなどを引き起こすだけでなく、目にも強いダメージを与えることがわかっています。外出をする時は、目もしっかりとした紫外線対策を心がけましょう。

症状

老眼鏡をかけてもよく見えない、買い替えても解消しないという人は要注意です。老眼ではなく、白内障になっている可能性があります。また反対に、老眼だったのに急に近くがよく見えるようになった場合も要注意です。

他にも様々な症状が!片方の目で見て、以下のような症状がないかチェックを

  • かすんで見える
  • 光がまぶしい
  • 物が二重に見える
  • 近くがよく見える

治療

治療法は「経過観察」、「薬物療法」、「手術」の3つです。水晶体の濁りや視力低下の程度、日常生活の支障度合いなどを考慮して、どの治療法にするかを決めます。最近は「手術」で治すことが多くなり、濁った水晶体を人工の眼内レンズに変えて、完治と同じような状態に持っていくことができます。術後は短時間で帰ることもできるので、日帰り手術が増えています。

レーシック経験者は要注意!

レーシック手術で視力を矯正していても、白内障になる可能性は変わりません。もし白内障の手術を選択する場合は、必ずレーシック手術を受けたことを医師に伝えてください。
レーシックを受けた目は角膜を削っているので、眼内レンズの度数を決めるときに、眼球を立体的に見るOCT検査を使って正確な度数計算を行う必要があります。この検査で調べることで眼内レンズが合わないという危険性を軽減することができます。

白内障を予防する眼科医推奨サングラス

紫外線が目に与える影響研究の第一人者である佐々木洋教授の指導のもと、紫外線測定実験により特性が実証された製品です。

サングラスと顔の隙間から入る紫外線は角膜周辺で屈折し、目の鼻側に集中します。これは「コロネオ現象」と呼ばれ、目に強いダメージを与えます。

「メニィーナ」は目の側面や斜め上から導入する紫外線を抑えることを目的に開発されました。


「メニィーナ」販売ページはこちら

コメントを残す

*