目の病気

目の病気

乱視(らんし)

乱視とは、眼球のレンズの役割を果たす水晶体や角膜が歪んで、一点にピントが合わなくなることです。眼の構造は完全ではないので、乱視は誰にでも多少は存在します。歪みがひどく、生活に支障がある場合のみ治療が行われます。 乱視は、 […]

目の病気

色覚異常(しきかくいじょう)

日本の小学校では、小学4年で行われてきた学校の色覚検査が、2003年度より定期健康診断の必須項目から削除され、ほとんど行われなくなりました。そのため、自分が色覚異常であることを気が付いていない色覚異常者が就職後に困難を生 […]

目の病気

瞼裂斑(けんれつはん)

瞼裂斑という名前の認知度は低いですが、実は身近な眼疾患であるという認識を持つ必要があります。なぜなら、肌のシミと同じように将来的に顕在化する可能性のある「眼の隠れジミ」ともいえる初期変化が認められる人も含めると、有病率が […]

目の病気

ものもらい

名前から伝染病のような印象ですが、他の人にうつる病気ではありません ものもらいとは、まぶたにある脂や汗を出すマイボーム腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。正確には「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)と「麦粒腫」( […]

目の病気

眼瞼けいれん(がんけんけいれん)

眼瞼けいれんは、自分の意思にも関係なく、まぶたにひくつきやまばたきが頻繁に起きる病気です。国内の推定患者数は数十万人以上いると思われますが、高齢の女性に多く、男女比は1:2といわれています。 「眼瞼ミオキミア」のことを眼 […]