2016年7月

望月先生のお話

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)について

はじめに 「ものもらい」とは「まぶたにできる小さなはれもの」の俗称で、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)・霰粒腫(さんりゅうしゅ)の両方を「ものもらい」といいます。 患者さんが「ものもらい」との病名を自らつけて受診されることも多く […]

目の病気

ものもらい

名前から伝染病のような印象ですが、他の人にうつる病気ではありません ものもらいとは、まぶたにある脂や汗を出すマイボーム腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。正確には「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)と「麦粒腫」( […]