2016年6月

目の病気

眼瞼けいれん(がんけんけいれん)

眼瞼けいれんは、自分の意思にも関係なく、まぶたにひくつきやまばたきが頻繁に起きる病気です。国内の推定患者数は数十万人以上いると思われますが、高齢の女性に多く、男女比は1:2といわれています。 「眼瞼ミオキミア」のことを眼 […]

目の病気

弱視(じゃくし)

裸眼視力が0.01というだけで弱視だという言い方をすることがありますが、メガネをかけて視力が1.5になれば弱視ではありません。メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が上がらない場合を弱視といいます。広い意味では、眼の病 […]

目の病気

結膜炎(けつまくえん)

異物や細菌といった様々な原因で結膜が炎症を起こして、白目が赤くなるのが結膜炎です。 結膜炎はアレルギー性と細菌性とウイルス性の三つに大きく分かれます。 アレルギー性結膜炎は、ハウスダストや花粉症が原因で結膜がアレルギー症 […]

目の病気

網膜剥離(もうまくはくり)

けがでなくても、老若男女、誰もがなる可能性のある病気です 網膜剥離は像を映すべき網膜の一部分がダメージを受けて剥がれる過程で、視野の欠けや視力低下が起こる病気です。視野が欠ける場所は剥がれた場所によって変わりますが、下か […]

目の病気

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)

近年、「目の生活習慣病」ともいわれ患者数が急増しています! 視力をつかさどる場所「黄斑」が加齢などによって変化する病気です。欧米諸国(白人)に多い病気で男女比では、男性が女性の3倍ほど多くなっています。患者数が増えた一番 […]

目の病気

翼状片(よくじょうへん)

翼状片とは、白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、多くは目頭(めがしら)の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。 本来は50歳以上にみられることが多い病気ですが、患者数のデータでは40歳以上のおよそ3割が […]

目の病気

ドライアイ(どらいあい)

パソコンやスマホなどの作業が多い方やコンタクトレンズを装用している方を中心に近年増え続けています ドライアイとは、涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる病気です。大きく2つに分類することができ、1つは涙の […]

目の病気

眼精疲労(がんせいひろう)

「疲れ目」と「眼精疲労」とは同じようなものと考えられがちですが、厳密にいうとこの2つは違う症状を指すことがあります。単なる「疲れ目」であれば十分な睡眠をとれば治りますが、疲労がたまると睡眠では対応できずどんどん疲れがたま […]

目の病気

老視(ろうし)

老視とは一般的に「老眼(ろうがん)」と呼ばれ、40歳を過ぎたあたりから近くの物が見えづらくなる、人間であれば避けて通る事が出来ない老化現象です。 近視の人は老眼になりにくいとよくいいますが、それは間違いです。老眼はピント […]

目の病気

遠視(えんし)

遠視とは多くの方が、「遠くのものが良く見えて、近くのものが見えにくい症状のこと」と誤解している場合がすごく多いのですが、実は遠視とは「近い・遠いに関係なく、焦点があっていない状態のこと」を言います。 度数のゆるいうちは遠 […]